植毛の歴史

 

植毛歴史は60年ほどあり、10年くらい前までは世界の植毛技術の主流は
『パンチ式植毛法・FUE法』でした。

 

これは直径3〜4ミリの大きさで毛根ごと採取した10本ほどのヘアの『株=グラフト』を、
そのまま無毛部分に移植するというものです。

 

髪に穴をあけるときに使うパンチの構造を思い出していただくとわかりやすいかもしれません。
ただ10本以上の大きな株だと生え際が不自然になるのが難点でした。

 

このような短所を補うため、1株をより小さくする方法が考案され、
それぞれ『ミニグラフト』『マイクログラフト』と名付けられました。

 

これらはパンチグラフトの補助的な方法として1990年ごろから使われ始め、
次第にミニ・マイクログラフトのみで行われるようになりました。

 

さらに1995年ごろからB.Limmer、R.Bernstein、R.Rassmanらが、
新しい概念として解剖学的単位、すなわち『FU』(フォリキュラー・ユニット)ごとに
顕微鏡下で株分けする『FUT』フォリキュラー・ユニット・トランスプランテーションを提唱し、
あっと雄真に世界の植毛医に受け入れました。

 

現在、欧米では約半数のクリニックがこの方法を行っていると言われています。

植毛法のまとめ
旧態依然とした方法はともかく、
現在行われている植毛法は3種類です。

 

1.マイクロ植毛術・FUE法
2.マイクロ・ミニ植毛術・FUE法
3.FUT法

 

1と2はサイズ分類で、必ずしもFUとは関連しない株分けで植毛する方法で、
3はFUごとに顕微鏡下で株分けする方法であるという前提が付きます。

 

ちなみに、単一植毛やバンドル植毛などは顕微鏡を使わないFUごとの株分けと考えれば
やはり1の分類に入るということになります。

 

なお、レーザー植毛など株のサイズとは関係なく、植え込みに使用する機会の名称のものもあります。

 

トップへ戻る